沿革

2000's -

キム眼科病院は、明るく健康な眼をサポートし、健康な生活と幸せを提供いたします。

  • 2014

    金容蘭院長就任

  • 2010

    孫庸豪院長就任

  • 2008

    世界初の網膜病院開院

  • 2006

    キム・ソンジュ院長就任

  • 2004

    キム・スンヒョン院長就任

  • 2003

    「ミョンゴク眼研究所」開所

  • 2002

    キム・ジョンウ院長就任 開院40週年記念国際眼科学シンポジウム開催

  • 2001

    「建陽(ゴニャン)医大キム眼科病院」に改称 眼整形センター、白内障センター開設

  • 2000

    ゴン・サンムク院長就任

  • 1999

    レーシックセンター拡張・開設

1990’s - 1999’s

  • 1998

    国内初の網膜センター開設

  • 1995

    眼科レジデント研修病院に指定

  • 1994

    別館新築[地下2階、地上6階] 眼科に加え、内科、外科など診療分野を拡大 「医療法人建陽(ゴニャン)病院」に改称 インターン研修病院に指定

  • 1992

    「医療法人建陽(ゴニャン)医療財団キム眼科病院」に改称

1962’s - 1986’s

  • 1986

    キム眼科病院の本館新築移転 [地下3階、地上8階]

  • 1962

    キム・ヒス理事長「キム眼科医院」開院