Retina Hospital

망막병원 이미지
김안과병원

網膜は、眼球壁のもっとも内側に位置する透明な神経組織であり、眼に入ってくる視覚情報を電気的情報に変換し、視神経を通じて脳に伝達します。つまり、ものを見るための重要な器官です。

キム眼科病院は、1998年に網膜センターを設立して以来、専門医と装備を持続的に補充してきました。2008年には韓国初の網膜病院を開院し、国内最高の網膜治療機関として位置づけられています 特に、網膜分野は眼科の諸分野の中でも研修期間が最も長く、高度の専門性を要する分野であるだけに、有名大学病院であっても網膜専門医を確保するのは難しい状況であります。しかし、キム眼科病院網膜病院では、韓国網膜学界会長と建陽(ゴニャン)大学医療院長を歴任したキム・ジョンウ博士を始め、計14人の網膜専門医を揃えております。

網膜剥離や糖尿網膜病症、黄斑変性、網膜色素変性症、高血圧性網膜症、中心性網膜症など、失明を誘発し得る多数の網膜疾患を治療する網膜病院は、各種の最新検査装備と熟練の医療スタッフを揃え、毎年12万5千人以上の外来患者診療及び2,600件以上の手術を行い、国内最大の実績を誇っています。眼科の診療科目はもちろんのこと、内科との連携診療システムを構築しており、手術や治療前後に発生し得る副作用を最小限に抑えるなど、名実共に網膜専門病院として確固たる地位を築いています。

このように、キム眼科病院網膜病院は、網膜分野において国内の大学病院や総合病院など他の追随を許さぬ先駆者としてその名誉を守り続けています。