Lasik Center

라식센터 이미지
김안과병원

近視や乱視などでメガネやコンタクトレンズの着用が困難であったり、美容目的又は職業上の理由から視力矯正が必要な場合は、レーザーを使ったレーシック、ラゼックなどの屈折矯正手術や眼内レンズ挿入術などが広く行われています。

キム眼科病院のレーシックセンターでは、屈折異常とそれに伴う様々な疾患(網膜異常と緑内障、斜視など)を検査・治療することができます。

また、安定性が証明された最新装備と各分野における最高レベルの医療スタッフが患者の皆様に最上級の満足を提供すべく、最善を尽くしております。

中でも多く実施される手術としては、オプティラゼックとオプティレーシック手術であり、M–lasek、無痛ラゼック、自己血清ラゼック、wavefront法などがあります。

最強度近視の場合は、眼内レンズ挿入術(ICL、artisan、artiflex)も最も安全な方法として推薦されており、施術が受けられます。

キム眼科病院レーシックセンターは、唯単に短期間の視力矯正だけが目的ではなく、患者の皆様の生涯にわたる眼の健康をサポートする医療サービスを提供致します。